2014年11月28日金曜日

清瀧寺

京極家の菩提寺である清瀧寺
何年か前に隣の清滝山を登りに行き 知ったお寺です
その後 春の桜を見に行ったり 一年に一度は訪ねたい場所になりました

秋の紅葉も見事
そろそろ手入れの行き届いた美しい庭が見たくなりました 


拝観料を払ってお寺の中 庭をゆっくり見せていただきます
座って庭を眺めていると ゆったりと気持ちが落ち着く
お茶をいただきました

写真を撮る人も多くて 自分取りスティックを使う人も居た
わぁ 初めて見た
なんだろう?という興味でジッと見てしまった
景色を入れた自分撮りが楽しそうだった







お寺の外も歩いてみます




お寺の西側から清滝山を眺めた
頂上の中央に大きな木が立ってます
これが目印になり 高速道路からも清滝山が分かるんです

空が曇ってると思っていたら 空が晴れてきて
おもしろい雲が出てきた



塀の上に見える桜の木

きれいな紅葉の景色がみられました

11月16日
滋賀県 清瀧寺へ



2014年11月23日日曜日

東山動物園

このところ行楽シーズンも重なり お誘いを受けて外出する機会が増えています
人付き合いが少ないワタクシには珍しいこと
なかなか写真の整理ができてないので 少しずつ載せてみようと思います
自分にはこのブログは日記と写真アルバムにもなっているので
振り返ってでも 少し載せておきたいのです

10月中頃 東山動物園に出かけました
お天気 快晴
遊園地をちらりと見たら 懐かし〜い
昔と変わらず 今も動いている遊具があった



歩いてくる子どもたちが
コビトカバ〜 ♫ と口ずさんでいて

コビトカバを知った
柵につかまる女の子の目線の先にいる
コロンとまあるっこいシルエット
カバより小ぶりなんだね
かわいい



ォョョ 頭から水に入っていく
水の中は気持ちいいですか?



この子も気持ち良さそう
ひなたぼっこ
目がトロンとしてる



水の中をパシャパシャ飛び回る子たちもいる
この日は暖かく穏やかな日だった

動物園でみた様子の一部だけど
この日をまた思い出せるように ブログに載せておこう

2014年11月22日土曜日

湖東


先月 滋賀県に向け出発
インターを下り目的地に向かい走行途中 
山の中腹にある建物がみえます

いつもキョロキョロしてるので いろいろ見つけます
そう言えば太郎坊宮の案内が出ていました
慌てることもないし少し寄り道






 寄ってみたいけど またゆっくり来ることにしましょう
黄色の電車だ
信号を右折

目的地あたりに着いたけど
観光シーズンで駐車場も人もいっぱい
この日はあきらめた 




コハクチョウが来ていると聞いていたので
琵琶湖へ向かう

カメラを持った人がずらりと並ぶ中
湖畔にいる鳥がコハクチョウなのか分からないけど
美しい夕暮れの景色をしばらく眺めていました











2014年11月17日月曜日

大阪へ


クレヨンとパステルでイメージだけ描いて
部屋の隅にずっと放置してあった下絵

はぎれを縫いつないでいたら
家に見えてきた
その瞬間
絵の続きが浮かんだ

月夜のあかりに照らされて散歩した時を思い出しながら
ようやく一枚の絵が完成した

チェストの上に昨年描いた赤芽柏の絵が立て掛けてある
団地で撮った写真の半切サイズ
夏に撮った街撮り写真を全紙サイズ
3枚を見ながら いつも身支度している

絵は見る度にいろいろな色や線を感じたり 今更ながら不思議な絵
色がのせ過ぎてないから 想像が沸くのかな
写真は 夏から季節が変わり 人物や街の印象が違って見える 
絵も写真も布もみんなおもしろい
でも自分が撮る写真は 展示用の額に入れなくてもいいと思った
2Lサイズや六つ切サイズで充分かな

想像や創作をゆっくり楽しんでます 



先週 家族と一緒ではなく
バス日帰り旅行
前日寒く 当日の朝も寒く
寒いのが苦手だから
 薄手のダウンジャケットを重ねて 出かけた

天気晴れ
大阪あべのハルカスへ


                      草間彌生の壁面アート「あべのから未来へ」


ハルカス300展望より

食事まで少し時間があり 景色を眺めようと下を向いたら
草間彌生の作品発見
言うまでもなくテンション上がりまくり
作家名:草間彌生
      作品名:「あべのから未来へ」
 制作年:2012年
            サイズ:高さ9.6 3メートル 幅31.3メートル

すばらしい眺望と開放的な雰囲気のなか
同行の方達とのおしゃべりも楽しく
バイキングスタイルの食事とデザートも堪能
一緒に買い物を楽しむ時間もあったりと
一日を満喫しました




多賀にて美しい夕日のプレゼント


2014年11月12日水曜日

綾野町まで


自転車で出かけた綾野祭り
写真を撮りながら 向かいました

むすびの地記念館をずーっと西へ
踏切も渡ります
久瀬川のお祭りがあり 御神輿をかつぐ様子を見ました



橋 まるい穴から覗いてみる
川が二本に分かれてる


葉っぱの色 


杭瀬川の堤防沿いを進み橋を渡ると
塩田常夜灯








塩田橋の常夜灯


綾野まつりが行われる白髭神社へ向かう途中
ここにも白髭神社があった




山車が見える場所に着きました
稲穂が実る広い景色

新幹線もよく見えます



天気がよければ自転車に乗り
あちこち見ながらまわるのも楽しい

帰りは
踏切近くの和菓子屋さんで
おはぎとお赤飯を買って家で食べた
おいしかった

いい一日だった

2014年11月10日月曜日

週末

キッ キッ  自転車の油の切れたような音
油注した方がいいよと思っていたら……
鳥(ジョウビタキ)のさえづりだと聞いた

カラスのカー カー
鴨のグァッグァッ も朝から元気よく鳴いてます


土曜日の午前中 養生の話で冬に向けての過ごし方をを教えてもらった
体を温める食べ物とか 耳をマッサージするとか
健康や生活に関することは興味があります
 
さて 新しい車が届いても ワタクシまだ車の運転をしておりません
相方も 1000キロまではどうのこうの…… 
休日の度 どこに行こうか? と張り切っております

愛知トリエンナーレで訪ねた長者町 
美術館に行くのに歩いていたら お祭りの賑わしさにつられ寄ったこともあります
仕事が休みだったので
土曜日の午後から 長者町のお祭りに行ってきました
フリーマーケットも開催されてました






たくさん食べたケーキの写真を送ってもらえた

上の方の二皿がワタクシいただいた分
丸いお皿はもっと食べた
思い出すと 最初のカシスケーキが一番美味しく感じた
だけど
ケーキをいくらでも食べられるなんて 夢のような時間だった

2014年11月9日日曜日

綾野祭り






             白髭神社に五台の山車が勢揃い


神社前でからくり芸や舞が奉納されます


小獅子山
美男子が一瞬にして獅子に変身
牡丹の花がパカッと開いた
だと思ったんですが……
瞬きしている間に様子が変わっていた





 いつの間にか陽が西に傾いてました








宵やまの準備
遠く県外から来られた人は 見て行くと話されてました
きれいだよ聞きました
またいつか 見せていただきたいです



2014年11月6日木曜日


絵を描いてますか?
布で何か作ってますか?
ずっと前に食べた春菊のおひたしがおいしかったから 私も作ったよ.…

最近 たくさんの人に会ったので たくさん質問された


ずっと ぼんやりしてるよ
絵も描いてないし 針仕事も気が向いたときだけ
家族の食事も 相変わらずのメニュー……

でも ぼんやりしているように見えて案外いろいろ考えていて
次への力を養っている時かも(気がする)


3日に虹を見て 何かいいことがあるかもと思っていたら
翌日 帰宅したら 柿が置いてあった
一瞬誰からだろうと思ったけど 届けてくれた人が分かった
甘くておいしいよー  ありがとう♡

やっぱりいいことあった














2014年11月2日日曜日

11月になってしまった


自分が住んでいる街を17階から眺める機会がありました
あら〜 きれいな夜景じゃないの〜
もっと暗い街かと思っていたので驚いた
 この写真よりも広く望めて もっと素敵でしたよ 












押し入れが 
布でいっぱい! 何か作ろー



近所の食事屋さんから
30周年の割引券をもらった
   昼の食事に初めて行ってみた 
焼き牡蛎 味噌カツ定食 天ぷら定食
自分で育てた野菜を使うと言っていた
雰囲気が良くて 熱燗も少しいただいた
帰りに菊の花をもらった  





雨上がり
庭の様子をずっと撮ってなかったので
久しぶりに…

水たまりに映る込むものを見るのが好き


鳥たちがモチの木の赤い実を食べにきて
木の上の方はなくなってる

白い山茶花の蕾 



いつか植えたユキノシタ 根付いていた
サルビアの花





レンガの隙間から咲いているのは
植えた覚えがないものばかり
雨で倒れてるけど
天気のいい時にみると とってもキレイ!

                
花ゆずの実 




柿 鳥が食べたね 

紅葉したツルツルテカテカは 柿の葉




もじゃもじゃは何? 槙の枝先を下からみた 


 さくらんぼの葉っぱも紅葉してる

トゲトゲしい葉っぱも紅葉してるのかな?



種がこぼれたて咲いたのだと思うラベンダー
触れるといい香り







写真を撮っていたら 体が冷えてしまった
桜並木を少し散歩したかったけど

また