あいちトリエンナーレ 4


最終日の10月27日
ようやく 岡崎会場に行ってきました
名鉄東岡崎駅からバスに乗り まずは松本町へ





五十嵐芸術監督から お話




シビコまで歩くと
パフォーマンスが始まっていた 









いい天気になって良かった


春ビルに向かう途中に見つけた
タイル模様のひまわり






インドカレーのお店にやっぱり行こうかと歩き出した

岡崎の街も
キンモクセイの香りだった


カレーは時間が過ぎていて オーダーストップ
まあ いいや
次回の楽しみにしておこう




また歩き出して

岡崎城へ
せっかく岡崎まで
来たのだから






案内図を見ていたら
八丁味噌蔵通りがこの先にあるよう




ずいぶん歩いたもんだ

名鉄東岡崎駅まで一区間
 電車に乗ってもどることにした




最後に
東岡崎駅ビルの作品


衣類でつくられた
日本庭園




ようやく行くことができた岡崎会場
街の中をまわるのも初めてだった
岡崎城も
八丁味噌蔵通りも





帰り道
行きにちらりと見えた
レトロな建物のある場所に

すばらしい建築
今は閉鎖されて公開されていないそう





街の中を歩きながら
アートを楽しんだあいちトリエンナーレ
楽しい芸術祭でした
作品だけでなく
建物のおもしろさに気付いたり
街の素敵なところいっぱい見つけたり
おいしいもの食べたり
全てを楽しんだ